クラリチンEXについて、薬の効果と使い方の解説!こんな人におすすめです!

クラリチンEXについて、薬の効果と使い方の解説!こんな人におすすめです!

当ページではクラリチンEXについてご紹介します。
クラリチンは井川遥さんがCMをやっていることで有名ですよね!皆さんも一度はご覧になったことはあるのではないでしょうか??

そんなクラリチンには実は普通錠とOD錠の2種類があります。OD錠とはOrally Disitegrationの略で和訳すると『口腔内崩壊錠』のことを指します。口の中に入れると唾液で溶ける製剤になっているため、水なしで飲めることが大きな特徴となっています。ただし、早く溶けるからといって効果が早く出ることはありません。

しかし薬を飲むのに水を準備するのも、たまに面倒くさいこともありますよね?そのため水なしで飲めるOD錠は非常にメリットが大きいと思います!

さて、そんなクラリチンの使い方ですが
1日1回1錠の服用で鼻水・くしゃみ・鼻づまりに効果を発揮します。花粉症に服用する際には症状が出始めた段階から早めの服用をおすすめします。またクラリチンは15歳以上の方のみ服用が出来る薬です。
クラリチンは『ロラタジン』という成分が入っているのですが、脳内の移行性が少ないため眠くなりにくい・集中力が低下しにくいといった特徴があります。
➡︎そのため仕事がある社会人、車の運転が必須な方、受験生などにはおすすめです!!

このクラリチンという薬は元々医療用医薬品で、花粉症などの患者さんに対して広くお医者さんの中で使われていた薬です。
その中でも眠くなりにくい、という特徴の評価が非常に高い薬となっています。

クラリチンは今やOTCとして市販で発売しておりますが、今でも好んででお使いになるお医者さんも多いほどです。眠くなりにくいという特徴に加えて、口が渇きにくい(抗コリン作用が少ない)という特徴も好まれています。


私も学生の時にロラタジンという成分について勉強し、病院研修・薬局研修でもよく目にしました。国家試験を受ける際も朝に1錠飲んで試験を受けたことを覚えています。試験中も全く眠くなることなく、しっかりと集中出来ました!
花粉症にはクラリチンEXがおすすめですよ!

大正製薬さんから発売しており、価格はメーカー希望小売価格で14錠で1,980円、7錠で1,380円となっています。

まとめ

・クラリチンは1日1回1錠で楽に服用できる花粉症の薬

・普通錠とOD錠がある薬で、OD錠は水なしで飲めるのでおすすめ!

・眠くなりにくいので、社会人や車を運転する人、受験生などにおすすめ!