アレグラFXについて、薬の使い方は?どんな人におすすめ?

アレグラFXについて、薬の使い方は?どんな人におすすめ?

当ページではアレグラFXについてご紹介します。
アレグラFXとは花粉症などアレルギー性鼻炎の薬剤で久光製薬が販売しています。嵐の大野くんのCMで印象的な方も多いんじゃないでしょうか。あの紫色を基調としたCMは頭に残りますよね!

そんなアレグラですが、医療用医薬品としても非常に広く使われており、数量ベースの市場においては現在も一番処方されている薬です。医薬品の特許は何年も前に切れており、ジェネリック医薬品も多く発売しています。
そんな中、なぜアレグラは一番使われているのでしょうか?

実は、アレグラは医療業界の中で安全性の評価がとても高いのです!

花粉症や風邪などの薬で眠くなるメカニズムの1つとして、薬の成分が脳に移行して作用することで眠くなるという仕組みがあります。
アレグラの成分であるフェキソフェナジンは脳にかなり移行しにくい成分で、殆ど眠くならないという特徴を持っているのです!

そのため花粉症シーズンで車の運転をする人や日中仕事がある人は、広く処方されていたそうです。
ご覧の皆さんも飲んだ経験あるのではないでしょうか?

そんなアレグラFXの使い方について紹介します。
1日2回、1回1錠服用する薬で鼻水・くしゃみ・鼻づまりに効果を発揮します。花粉症に服用する際には症状が出始めた段階から早めの服用をおすすめします。またアレグラFXは15歳以上が服用できる薬となっています。
飲むタイミングは朝・夕の2回で食事の前・後関係なく飲めます。

ちなみに7歳〜14歳でも飲めるアレグラFXジュニアという製品も発売しています!

上述の通り眠くなりにくい薬剤なので、
➡︎そのため仕事がある社会人、車の運転が必須な方、受験生などにはおすすめです!!
アレグラFXジュニアもあるので、中学受験があるお子さんも飲めますね!


ただし、1日2回飲まなくてはならないので、1日1回の薬よりは手間が増えてしまうかもしれません。

またアレグラFXは眠くなりにくいという特徴に加えて、口が渇きにくい(抗コリン作用が少ない)という特徴も好まれています。
医師からも評価が高いアレグラFXを、ぜひ試してみてください!

価格はメーカー希望小売価格で28錠で1,886円、14錠で1,314円となっています。アレグラFXジュニアは16錠で1,180円です。
⬇️⬇️店頭ではなく、ネットで買う方がお得でおすすめですよ!⬇️⬇️

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

新品価格
¥1,350から
(2019/3/7 22:41時点)

まとめ
眠くなりにくいので、社会人や車を運転する人、受験生などにおすすめ!

アレグラFXジュニアもあるので、小学生でも飲める

・1日2回服用するので、少し手間がかかる。