エバステルALについて、薬の使い方や特徴は?どんな人におすすめ?

エバステルALについて、薬の使い方や特徴は?どんな人におすすめ?

当ページではエバステルALについてご紹介します。
皆さんはエバステルALについてご存知でしょうか?実はエバステルALって日本初のスイッチOTC化アレルギー性鼻炎の一般医薬品なのです!!

スイッチOTCとは今までお医者さんが処方を通じてのみ、使用できていた医薬品を薬局やドラッグストアなどで買えるようにしたものです。
一般用医薬品と医療用医薬品の違いとは、というページでも詳しく解説しているので、興味がある方はご覧下さい。

そんなエバステルALの使い方について紹介します。
1日1回1錠を寝る前に服用する薬で鼻水・くしゃみ・鼻づまりに効果を発揮します。花粉症に服用する際には症状が出始めた段階から早めの服用をおすすめします。またエバステルALは15歳以上が服用できる薬となっています。

眠くなりにくいという特徴がありますが、薬の添付文書を読んでみると『服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください』という注意書きがあります。
➡︎そのため、受験生やテスト勉強がある方、車の運転がある方、日中仕事がある方には向いていないかもしれません。

また、口が渇きにくい(抗コリン作用が少ない)という特徴も好まれています。薬を飲んで口が渇きやすい人にはおすすめです!

また、エバステルALは興和株式会社より発売しており、メーカー希望小売価格は6錠で1,200円、12錠2,000円となっています。

⬇️⬇️ネットで買う方がお得でおすすめです!!⬇️⬇️

【第2類医薬品】エバステルAL 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

新品価格
¥1,480から
(2019/3/7 23:29時点)

まとめ

・エバステルALは日本初のスイッチOTC化した医薬品

口が渇きにくいため、薬を飲んで口が渇きやすい人にはおすすめ

・1日1回1錠を寝る前の服用なので、飲み忘れが多い人にはおすすめ!